profile

撮影/伊東華織

1954 年第 6 期東宝ニューフェイスとして、『かくて自由の鐘は鳴る』でデビュー。

『ゴジラ』『青い山脈』『放浪記』など、映画出演本数は 130 本を超える。『あげまん』『ミンボーの女』『マルタイの女』などの伊丹十三作品にも出演。

1964 年『アニーよ銃をとれ』で、ブロードウェイミュージカルに挑戦し、芸術祭奨励賞を受賞。以後、『サウンド・オブ・ミュージック』『風と共に去りぬ』『マイ・フェア・レディ』など数多くの作品の主演をこなし、第 6 回紀伊國屋演劇賞、第 10 回ゴールデンアロー賞を受賞。2012 年自身の製作・演出・出演によるミュージカル『ファンタスティックス』を全国公演し、平成 24 年度文化庁芸術祭賞大賞を受賞。

日本を代表するミュージカル俳優として不動の地位を築く。

近年は全国各地で講演活動も精力的に行っており、1945 年にソ連軍が侵攻してきた満州での悲惨な少年時代の体験をもとに、平和の尊さを説いている。

2016 年 5月「戦後 70 年日本映画平和賞」を受賞。2020 年第 43 回日本アカデミー賞「会長功労賞」受賞。

ミュージカル映画『DANCE WITH ME(ダンスウィズミー)』(2019)に出演等、俳優業を続けながら、 映画やミュージカルのエグゼグティブ・プロデューサーとして活動を本格的に開始。

映画『世の中にたえて桜のなかりせば』(2022)やその後の企画も精力的に立ち上げる。 垣根を越えたクリエイターチームとともに、日本人を通して世界に向けるコンテンツ創造に尽力している。

© TOHO CO., LTD.

TITANIC the musicalより

映画『世の中にたえて桜のなかりせば』より

問合せ

株式会社 宝田企画

mail こちら

© 2022 with Akira Takarada